学術会議の会員って公務員の扱いなのか・・・

principle, 短文日記

最近のニュースを賑わせているのが学術会議の任命拒否問題・・・。

野党がどうでも良いような事でギャースカ騒いでるけど、あれってそんなに大問題なのかねww

テレビでニュースを観るたびに、くだらない事でモメてるなぁ、と思ってたんだけど、先日の新聞で初めて知った事がある。

これだけどね・・・。

新聞報道を見て知ったってのは、

学術会議の会員は特別職の国家公務員!

そりゃ学問の自由は保証されるべきだし、学者がどのような意見を論文に書こうが自由だけど、う~ん、公務員となると話は少し違って来るような気がする。

国の政策に反対するような論文をを出したり意見を言ってる人間が公務員になりたいってのは・・・

ただの名誉欲としか思えんけどww

公務員の扱いなんだから国に任命権があるのは当然、もちろん拒否するのも国の裁量。

そもそも学術会議の会員にならなくても「好き勝手に論文を書いたり」、「好き勝手に意見を言える」んじゃないのかなぁ・・・。

任命拒否された事がそんなに悔しいんだろうか。

公務員の扱いなら仕方ないなww

 

生きるのに 一生懸命!(本館)はこちら~
https://masato-motto.site/