【教養と生きようフェア】う~ん、教養って何だ!?・・・

others, principle, 短文日記

出版社が売り上げ増を狙っていろいろなフェアを行うのはよく目にするけど、複数の出版社が合同でやるのは珍しい。

この前、本屋に寄ってみたんだけど入口にこんな冊子が置かれていた。

教養と生きようフェア!

出版社6社が各社オススメの教養が身につく本を合同で宣伝してた。

冊子をめくってみると、なるほどな、人文・社会・自然・歴史と面白そうな本が紹介されてる。

たしかにこういう本を読めば俗にいう「教養」が身につくんだろうけど、う~ん、オレはちょっと違うような気もする。

年下の子に訊かれたことがあるけど、「知的な人ってどんな人?」って質問だった。

知的ってのを強要と言い換えるのは少々無理があるけど、どちらも共通してるのは・・・

話の抽斗の多さ!

一つの事を専門的に深く知る事も大事だけど、そういう「専門バカ」よりは、浅くともいろいろな事を知ってる、いろいろな話が出来る人が「教養人」だと思ってるんだけど・・・。

もちろん、このフェアで紹介されてるような本を読んでおくに越したことはないけどww

教養ってのは、本から得る知識だけじゃない。

 

メインブログで詳しく書いてます。
教養の高さは会話の抽斗の多さで測れるんじゃないか!?と思ってる・・・って話

生きるのに 一生懸命!(本館)はこちら~
https://masato-motto.site/