あの国の「歴史ファンタジー」には呆れてモノが言えない。キ印の国は相手にしない事だ。

principle

俺はよく人に聞くんだけど、話の合い間に、こういう事を聞く事が多い。

愛読してる新聞とか週刊誌ってあります?

まぁ、人によっては〇〇新聞だとか週刊△△△だとか、いろいろ読んでるんだけど、ここで・・・朝日新聞を長年読んでます、とか、毎週、週刊朝日を買ってます、なんて答えられた日には、その人との付き合いを考え直してるww
冗談だと思われるかもしれないけど、これ、本当に考え直してるぞ。

俺も毎週週刊誌を買ってるけど、必ず買うのは週刊文春週刊新潮・・・。
これだけで俺の「思想的立場」がわかるってもんだけど、そういう人間が週刊朝日を読むような人間と仲良くできるわけない(もちろん、俺個人の意見ww)
左巻きの思想は大嫌いだし、そもそも嫌悪の対象だからな。

で、インターネットが発達してる現在、ネット上でも週刊誌関連のサイトはいろいろ有るんだけど、「デイリー新潮」ってサイトに面白い記事が掲載されてたので、今回はこの記事について思うところを書いてみようか。



以前にも、バカ丸出しで歴史を捻じ曲げる民度の低い国の事は何度か書いたけど、今回の記事もなかなか面白く読ませてもらった。
問題の記事はこれなんだけどね・・・。

例によって「あの国」の事について書かれてる。
今回の記事は「あの国」国名を書くのも嫌w)の国会議長が天皇陛下に元慰安婦への直接謝罪を要求した、って事を冒頭に書いていて、それに続いて映画監督なんかのバカげた発言を取り上げてるものだ。

この記事でも触れられているけど、慰安婦問題なんてのは15年に当時の「あの国」の大統領と「最終的かつ不可逆的」に解決したはず。
それを今になっても、まだ持ち出すとか・・・

国と国との約束も守れない低級民族!

と言われても仕方ない。
政権が変わるたびに約束が反故になるなら、最初から「あんな国」とは約束なんかしない方が良いだろ。
記事の中にこんな文章があるんだけど、

韓国人の日本人に対する“恨(ハン)”は、400年前の豊臣秀吉の朝鮮出兵まで遡るのに、わずか4年前の日韓合意は忘れ去っているのです

自分たちに都合の良い事だけを騒ぎ立てるのは幼稚園児と大差ないな。
『悪韓論』の著者で、元時事通信ソウル特派員の室谷克実氏の言葉だけど、

本来であれば、日韓基本条約とともに結ばれた請求権協定でケリがついているにもかかわらず、日韓合意に基づき、『和解・癒し財団』が設立されると、日本政府は10億円を拠出しました。そこから、元慰安婦や遺族はすでに4億円以上を受け取っています。ところが、文政権は一方的に日韓合意を反故にした。これはもう、国家的なネコババというほかありません。

ネコババ!ww

これは上手い言い方だな。
ネコババと言うか泥棒みたいなもんだろ。
駄々をこねて泣きわめいて、最後に大人が折れるのを待つ幼稚園児と同じ。
幼稚園児が駄々をこねるのは可愛いけど、大の大人が訳の分からん駄々をこねても見苦しいだけだ。

 

記事にも書かれてるけど、そもそも慰安婦問題ってのは「あの国」発じゃなくて、日本発で問題になったんだろ。
元日本軍人を自称する吉田清治っていう「詐欺師」「軍の命令で朝鮮人を慰安婦として狩りだした」っていう嘘八百の証言が始り。
それを馬鹿みたいに鵜呑みにした朝日新聞が大々的にキャンペーンを行って世の中に知られるようになったんだけど、詐欺師・吉田清治の証言を否定する人物が現れても、朝日新聞は無視・・・。
吉田証言を頭から信じてたのか、「信じたかった」のか知らないけど、まさに国賊新聞。

「あの国」が政治カードとして使い始めたからな!

次から次に元慰安婦を名乗る人間が現れて証言したわけだけど、この証言内容も二転三転。
記事から引用すると・・・

最初、慰安婦になったのは親戚の女性に連れて行かれてと言っていたのに、そのうち日本兵に銃剣で追い立てられてに変わったり、日本軍が持っていなかったジープで誘拐されて慰安所に押し込まれたという女性もいて、信憑性に欠けるケースがほとんど。

いかにも日本軍が無理やり誘拐したかのような報道のされ方が多かったけど、そもそも、金に困った親やら親戚が娘を仲介者に売り渡したってのが大半だろ。
自分の意思(家族の意思)で慰安婦の仲介業者の元へ行っておいて、その話がどうして日本兵に銃剣で追い立てられた、誘拐されたって話になるんだ。
仲介業者だって、日本軍に雇われてた「あの国」の国民が金のためにやってたんだろ・・・。

これで思い出すのが、最近、話題に上る事が多い徴用工問題だ。
こちらも、やれ無理やり連行されたって話が大きく報道されてるけど、国での貧しい生活に耐えかねた連中が、日本で一旗あげようと自ら進んで日本に来た、って事例も数多くある事はまったく報道されない。
徴用工を集めるのに「あの国」の仲介者・斡旋業者が生活に困ってる連中を日本軍や日本企業に引き渡してたってのが、より事実に近いと思ってる。
儲けたのは仲介・斡旋した業者で、損害賠償を請求するなら、そちらにしろって話だ。




何年か前に「あの国」でヒットした映画で『鬼郷』ってのが有るそうだけど、この映画の内容は・・・

脱走を試みたり、病気になったりしたら銃殺されたり、あるいは生きたまま穴に放り込まれ、ガソリンで焼き殺されてしまう。でも、彼女たちの魂は蝶々になって空を飛び、故郷に帰っていくというストーリー。

日本軍が慰安婦を虐殺したっていう事実も証拠も無い事は明白。
まぁ、これは映画の中の話なんで、アホみたいな映画だな、と切り捨てる事もできるんだけど、この映画を作った監督の言葉が常軌を逸してる。
記者会見で述べたそうだけど、

慰安婦として20万人が強制連行され、生きて帰ってきたのは二百余人であり、現在生きておられるのは44人です。

20万人!ww

あの国版の南京大虐殺かよ・・・。
南京大虐殺も歴史的に論争が絶えないけど、それに倣って20万人って言いだしたのか、ここまで来ると呆れ果ててものが言えない。

俺が生まれ育ったのは某地方都市だけど、いわゆる「在日」ってのがむちゃくちゃ多く住んでる土地だった。もちろん「そっち系」の学校なんかもあって、ガラの悪さは天下一品だったけど、悪いのはガラだけじゃなくてオツムの方もそ~と~弱いらしい。
誰が聞いてもウソだとわかる話を、いかにも事実のように言う。
俺が子供の頃から変わってないけど、

息をするようにウソをつく!

駄々をこねてスネる、時には恫喝・・・
国と個人の違いはあるけど、やってる事は俺の故郷に数多くいた「在日」って呼ばれてる人間と同じ。
記事の中で城内実元外務副大臣が述べてるんだけど、

イギリスの旧植民地であったインドが、エリザベス女王に“謝罪しろ!”などと要求しますか? もし、そんな発言をしたら、国交断絶は間違いなしです。

そりゃ、インドの国民はそんな要求はしないだろww
数学のを生み、いろんな哲学やら宗教の発祥の地だぞ。Microsoftの従業員の30%、IBMの従業員の25%、Intelの15%、ゼロックスの10%がインド人。
NASAの科学者の30%がインド人・・・。

そんなインドの国民を「あの国」の国民と比べたら失礼だろww

 

前政権との合意の前にもアジア女性基金を通じて金を払ってるし、橋本、小渕、森、小泉と歴代4人の総理がお詫びの手紙も送っている。
こちらが頭を下げ続ける限り、キリが無いのは明らか。

幼稚園児と変わらない連中とは付き合わない事が一番だろ!

何を言ってきても知らん顔!

どんなにボンクラで聞き分けの無い幼稚園児でも、大人が知らん顔してれば、いつのまにか泣きやむ。
それと同じことだ。
それでも、いつまでも泣き喚くような子は、どこか精神に障害があると思ってる。

まぁ、「あの国」にも障害があるのかもな・・・。