みかんの缶詰はノスタルジーを誘う・・・

others, 短文日記

先日、風呂上りにミカンの缶詰をたべた。

知り合いから貰ったかなにかで冷蔵庫に入れておいたものだけど、風呂上りにミカンの缶詰って、う~ん、オレみたいな昭和世代(30~40年代生まれ)は郷愁を感じるんじゃないか。

今でこそスーパーに行けば様々な種類の缶詰が売られてるし、ミカンの缶詰だけでも各社からいろいろ出てる。

だけど、オレが子供の頃なんて、ミカンの缶詰は・・・

ちょっとした贅沢品!ww

そりゃメロンとか巨砲に比べると庶民的な価格だったと思うけど、風呂上りにミカンの缶詰なんて婆ちゃんの家に泊まりに行った時ぐらいしか食わなかったような・・・。

今は珍しくも何ともないミカンの缶詰だけど、う~ん、昭和40年代は「ちょっと贅沢なおやつ」のような感じだったかも。

もうちょぅっとグレードアップすると桃の缶詰ww

これは何かのイベントとかじゃないと家では買ってくれなかったような・・・。

昔はお歳暮・お中元っていうと缶詰を贈る人も多かったけど、今じゃほとんど居ないんだろうな。

ミカンの缶詰を食べながら昔の事を思い出した・・・。

 

メインブログで関連記事を書いてます~

生きるのに 一生懸命!(本館)はこちら~
https://masato-motto.site/