声に出して詩を読む・・・

others, 短文日記

若い頃に読む詩と歳をとってから読む詩、これって、同じ詩を読んだとしても年齢によって感じ方が変わるような気がする。

この前、詩を読みたくなったので詩集を買ってみた。

高校生の時に教科書で読んだ中原中也。

「サーカス」とか「汚れつちまつた悲しみに・・・」等々の詩が有名だけど、他の詩も読んでみたくなったから・・・。

買ったのは集英社から出てる文庫。

せっかくの詩なので声に出して読んでみたけど、う~ん、けっこう胸に響くものがある。

詩集にかぎらず小説でも評論でもそうだけど、内容が自分に合わないと後悔する事もあるけど、この一冊は概ね満足できる一冊だった。

「頑是ない歌」なんて、深い余韻を残してお気に入りの一篇になった(丸暗記しようと思ってるww)

普段は詩集とか読まないけど、たまには読んでみるのも良いな。

もちろん声に出して読む・・・。

 

メインブログで関連記事を書いてます~

生きるのに 一生懸命!(本館)はこちら~
https://masato-motto.site/