オリンピックのチケット、全滅したぞ!せめて当選の倍率ぐらい公表しろ!って話

others, principle

いやぁ、気分悪い。
なんで気分が悪いかというと、これ・・・。

6/21の朝刊の記事だけど、見出しには、

五輪チケット「狭き門」

って文字が躍ってる。
前日の6/20に組織委員会が五輪チケットの抽選結果を発表したんだけど、うん、ご多分に漏れず俺もすべての抽選に落選した。

それも上限の30枚全部!

そりゃ、気分も悪くなるだろww
購入上限の30枚を申し込んでいたんだけど、まさか全部落選とは・・・。
って事で、今回は2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会について少し書いてみようか。



そりゃね、俺だって予想はしてたぞ。
相当な数の申し込みが有るだろうし、そう簡単には当選しないだろうって・・・。
出来れば開会式か閉会式のどちらかを観戦したい、それが叶わないなら体操とか柔道、水泳でも良い。決勝だと申込者が多いだろうから、わざわざ予選の日を選んで申し込んだわけ。
それでも落選の可能性は捨てきれないから、人気の無さそうな馬術やらカヌーなんてのも「すべり止め」で申し込んだってわけだ。
開会式、閉会式、その他、体操やら柔道、水泳、バレーボールに馬術・・・上限の30枚、目一杯申し込んだんだけど・・・

全部落選だからなぁ(泣)

そりゃ、気分も悪くなるだろww

 

 

まぁ、落選したものは仕方ないんだけど、新聞記事を読んでますます気分が悪くなった。
記事からちょっと引用すると、

組織委は国際オリンピック委員会(IOC)の方針に基づき「販売戦略上の理由」とし、今回第一弾の販売枚数も、競技、試合ごとの倍率も伏せている。

って書かれてる。
ホント、頭にくる・・・。

宝くじでも当選倍率は公表してるぞ!

何枚販売したのか申込者数は何人なのか各競技ごとの倍率はどうだったのか・・・チケットの当落を発表した時には、当然、これらも公表されると思ってたんだけどな。
まさにお役所仕事、役人根性丸出し、税金を遣ってオリンピックを開催するくせに、国民にはロクに説明も無いのか。

2020年の東京オリンピックについては、これまでにも思うところをいろいろと書いてるんだけど、ホント、誰のためのオリンピックなんだ?って気持ちが強い。

【東京オリンピック】競技開始時間を見て思った。誰のためのオリンピックなのか?

五輪強化?選択と集中?誰のためのオリンピックなんだろう?って思ってる

訳の分からない強化策や、アメリカのテレビ局に配慮した競技時間(日本時間では深夜)等々、いろいろ「?」な部分が多い今回のオリンピック、
組織委のやってる事は選手目線じゃないし、それこそ「誰のためのオリンピックなんだ?」って気持ちが強かったんだけど、今回のチケットの件で、組織委は国民の目線にも立ってないと思ってしまう。
別に俺が全部のチケットを落選したから言ってるんじゃない・・・

せめて販売枚数、当選倍率ぐらい公表しろ!

と思ってるだけだ。
そう言えば何年か前のオリンピックで開会式の入場行進が批判されてたな。批判されたのはもちろん日本の入場行進。
日本選手団の入場は主役の選手が後ろ、選手団の前で行進してるのは何の仕事をしてるのか訳の分からない役員連中。
そんな神経だから、誰のためのオリンピックなんだ?って言われても仕方ないだろうな。

 

 

で、今回の抽選に落選したからと言って、諦めるのはまだ早い。
新聞には今後の購入機会も記載されてる。
それが、こちら・・・

今年の秋以降、公式サイトで先着順販売が開始。
来春には、東京都内の公式販売所で窓口販売が開始、って書かれてる。
そして、この文字も・・・

枚数非公表!ww

もはや、この感情しか湧いてこない。

バカにしてんのか!?

先着順なんて、それこそ希望者がわんさか殺到するだろうし、おまけに販売枚数も非公表。

オリンピックの誘致には賛成したけど、こんな組織委なら誘致に賛成するんじゃなかったな。
今回の抽選だって、どういう形で抽選したのか知らないけど、まさか、組織委の関係者や身内に便宜を図ってるって事はないだろうな・・・。
そんな事してたら、入場行進の時の批判どころじゃ済まないだろうけどww

まぁ、国民目線で仕事をしてないんだから、そう思われても仕方ないだろ。

 

~関連記事~